雑菌によるニオイ

脇汗が臭くなる原因には色々ありますが、その一つが脇の下は他の部位と比べて汗をかきやすいためです。体の中でも汗が分泌される汗腺が集中していて、心臓に近いので汗をかきやすい部位です。

 

脇の下にはエクリン腺という汗腺がたくさんあって体温調節のためにたくさん汗をかきます。エクリン腺から出る汗の99%は水分で残り1%が塩分と尿素、アンモニアです。

 

殆どが水分なのでサラサラしていて色や臭いは殆どありませんが、大量に汗をかくとその水分でインナーや服についた皮脂に雑菌が繁殖します。

 

部屋干しをしていて乾燥不足な衣服は雑菌が繁殖していることがあり、それを着て汗をかくとその水分と体温で雑菌がもっと増えるので汗臭くなります。

 

脇汗の雑菌の臭いを防ぐ方法

脇汗の雑菌の臭いを防ぐには様々な方法があります。

 

一つ目が脇の汗の防臭対策が出来る洗剤や柔軟剤を使うことで、脇の汗の量が多い人は衣類の雑菌を減らすことが重用です。

 

雑菌が増えないように脱いだら時間をおかずに、抗菌と防臭に優れた洗剤で洗濯します。肌に直に触れる下着やシャツなどは一度来たら洗濯するようにします。

 

昨日来ていた下着を繰り返し着用するのは絶対に駄目で、雑菌が繁殖して臭いがきつくなります。

 

脇の汗をかきやすい場合は制汗グッズもおすすめです。エクリン腺からの汗が多い人以外にも軽いワキガの人にも良くて、汗の臭い対策が出来る石鹸やボディクリーム、制汗剤など色々あるので自分に適したものを選ぶと良いです。

 

 

次に生活習慣を変えることで臭いの対策になります。

 

普段から動物性たんぱく質(特に肉)を良く食べる人や油っぽい食べ物をたくさん摂る人、喫煙や飲酒、入浴をシャワーだけで澄ましている人は臭いがきつくなりやすいです。

 

とくに汗が多い人や強いワキガの場合は、病院で受診して相談するのも良い方法です。風呂から上がっても臭う時や洗濯しても匂いが取れないときなどは、自分だけのケアでは対策が難しいです。

 

病院だと手術で臭いの元になるアポクリン腺を除去したり、それ以外にも切らない治療などもあります。